Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

釣り

シーバスを狙いつつアジングにも興味が出てきました

最近時々シーバスについて書いたりしてますが、仕事終わりに会社近くの境水道で振ったりしてます。

 

どうやら80センチクラスを釣ってる人が最近ちょこちょこ出ているようなので期待していくんですがやっぱりそう簡単に釣れる訳でもありません。

 

そんな状態で「何言ってんだ!?」と思われるかもしれませんがアジングに興味が出てきました。

 

掛かったときの引きの強さなどはシーバスの方が刺激もあっていいんでしょうが、釣れた後食べることを考えるとどう考えても鯵の方が旨いだろ!ということが一番の動機なんですが。釣ってもいないくせに・・・

 

もちろん専用のロッドやリールが多く販売されていて、本気でやるのなら購入する方がよいのかもしれませんが貧乏サラリーマンにはそれもキツイので手持ちのシーバスロッドで試してみることにします。

 

ちなみに自分が使用しているロッドはこれです。↓

メジャークラフト ザルツ ZAT-962PE

 

ネットで色々調べてみると

  • アタリの取りやすさ
  • 大型の鯵が掛かったときにも負けないパワー
  • ある程度遠投が可能な長さ

など色んな条件があるみたいですが、自分のバスロッドを見た感じ下二つはクリアできそうなので。素人考えかもしれませんが。

 

で、手軽なのが軽め(0.4グラム!ぐらいから3g程度まで)のジグヘッドに小さめのワームをつけて行う方法かな~という結論に達しましたので、まずはこれで試してみます。

 

例えばこんなジグヘッド

JAZZ:尺ヘッド R-type 5ヶ入り 2g

 

とこんなワーム

【ラパラ】 トリガーX プッツンテイル 2→1.5

 

でいってみようかと。尺ヘッドは先が尖った形態と針の軸が太い(=強度がある?)ということなのでこれで。プッツンテイルはアジングではかなり評判がよい逸品みたいなので。

 

あとは会社近辺でできるポイントがあれば完璧。

-釣り
-,