Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

日記

ビジネスマナーについて ~名刺交換~

この数ヶ月なんですが、なにかと会議に参加することが増えました。

 

今まではよく知った人が参加する場にしか顔を出す機会がなかったものでなあなあで済ませてきた部分も多いのですが、最近は初対面かつ結構役職が上の方とお会いする機会も多々あります。

 

自分は中途採用で今の会社に入社、しかも元々は倉庫内の作業員だったためビジネスマナーにはあまり縁がなく、入社時にもきちんと研修を受けていないため戸惑うことやしらないことがたくさんあります。

 

このままでは自分が恥をかくだけでなく会社のイメージに関わってくると思うので最低限のことは自分で勉強しなくちゃ!と思うのです。

 

まずは名刺交換。

 

見知らぬ方との最初のご挨拶になる部分で、ここはしっかり抑えておかないとまずかろうと考えてぐぐってみました。

 

すると

  •  基本的に目下のものから行う
  • 名刺上の文字を隠さないよう両手で持ち、相手に向けて差し出す(このとき名刺入れをお盆のように添えて)
  • 会社名、所属、氏名を名乗り、「宜しくお願い致します」と挨拶を添えて差し出す

というようなことが書いてありました。

 

また、実際には相手と同時交換を行うことが少なくなく、この場合は差し出すところまでは同じで受け取る時に

  • 「頂戴します」と添えて右手で受け取る
  • 受け取った名刺はすぐにしまうのではなく、一通り目を通すのがマナー(立ち話なら別ですが)

などがあるようです。

 

他にも気をつける点は多々あるようですが、そこは常識的に考えるとそこまで難しいことも内容に感じます。

 

そうそう、名刺を切らさないように多めに持っておくことも大事ですよね。

 

こじゃれた名刺入れでも持って、スマートに名刺交換をできるようになりたいものです。

 

-日記
-