Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

ダーツ

フライトケースについて

フィットフライトやL-Flight、最近流行のコンドルなど一体成型型のフライトは常に90度を保ってくれて(といいつつ、痛んでくると風車みたいに曲がってきますが・・・)よいのですが無造作に置いたりしまっておいたりすると痛みも早いものです。

 

せっかくの成型を少しでも長持ちさせるためには専用のケースを使ったほうがよいでしょう。

 

そこで今自分がメインで使用しているのがこのL-styleのクリスタルです。

見た目が半透明でなんだか洒落た感じがしませんか!?しませんね・・・

 

このフライトケース、セッティングしたまま上からダーツを差し込みます。

 

そしてそのままダーツ自体を引き抜くとフライトがケース内に残ります。

 

最後にリストバンドで蓋をすれば完成です。

 

出来上がりはこんな感じ↓

 

 

これがとっても使いやすいんです。

 

フィットフライト専用ケースも製造・販売されていますが普通に開け閉めするタイプの蓋なのでクリスタルに慣れてくるとそれがいちいちめんどくさくて・・・

 

というわけで日常つかうフライトはクリスタルに、予備で保管してあるフライトはフィット専用ケースに入れています。

 

メーカーはL-styleですがもちろんFit Flightも入りますし(3枚羽のデルタは入りませんが)、シャフトリングを付けたままでもシャンパンリングを付けたままでも収納可能です。

 

この機会にぜひ一度お試しあれ♪

 

Fitフライトも収納できる!【ダーツアクセサリー】L-style KRYSTAL(クリスタル) フライトケース...

 

-ダーツ
-,