Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

友人・知人

2012.9.11

前回に引き続き友人のお話です。

少しだけ前のお話ですが。

 

9.11といえば世間ではアメリカ同時多発テロが発生した日、ということになるのでしょうか。

 

というか、自分だって今年もそう思って過ごしていました。

 

しかし20:00も過ぎ、明日の仕事のことを考えて憂鬱になりかけていたころに知人から電話が。

 

「今新聞の取材が終わって体が空いたので飯でもどうか?」

 

んっ!?

 

新聞っ!?

 

「幼い子供に悪戯でもして捕まったのか!?」

 

一瞬本気で聞いてしまいました。そしたら・・・

 

「苦節十数年、ようやく司法試験に受かりました!!」

 

とのこと。

 

大学生の頃は遊んでばかりいたツレですが、その後苦労に苦労を重ねついに合格したんです!!

 

飯でもおごろうかと思った矢先、

 

「今まで支えてくれてありがとう!今夜は飯でも酒でも奢るわ!!」

 

とのこと。

 

どう考えても逆だろ、おい。

 

が、言い出したら聞かないのが彼の性格なので素直に甘えることにしました。

 

そして色々と語り尽くすこと数時間、気が付けば3時間後には出勤しないといけない時間じゃありませんか!

 

その日は打ち止めにして帰りましたが・・・

 

彼もまたおめでとう!と心から言いたいです。

 

扱いたい事象は「債権整理」とのこと。

 

これから1年修習生として経験を積んだ後、本当の弁護士として羽ばたく彼。

 

修習生になる日まで2ヶ月程度あるようなので、今まで我慢して我慢して遊ばずに勉強してきたがもうその必要もなくなる!!近いうちに飲みにいこうぜ!

 

このブログで彼のことが気になった方がもしいたら、いつか仕事を頼んでみてください。

 

手抜きなしで誠心誠意取り組んでくれる・・・はず。。。

 

いつか彼の実名を公表して仕事を募ることができる日が来るといいなぁ

 

こうして僕にとっての9.11はちょっと特別な日になったのでした。

-友人・知人
-,