Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバ

Apache2のmod_aliasを止める

Aliasを使用しているか?

現在、自分のWebサーバにおいてはAliasを使用していません。ちなみにAliasとは、公開したい任意のディレクトリを

 

http://自ドメイン/○○

 

というURLで公開する、という設定です。分かり辛いですね・・・。本来は指定されたディレクトリへのルートを順に追って記述したものがURLなのですが○○というエイリアス(別名)をつけてやることで見やすい・わかりやすいURLにすることができます。

 

が、今のところこのエイリアスは全く使用していません。当分使用することもないと思うので、このモジュールを止めてみようと思います。

 

a2dismodでモジュールを停止

Debian系であるUbuntuのApacheは/etc/apache2/mods-available/以下にモジュールが格納されており、/etc/apache2/mods-enabled/以下にモジュールの実体に対するシンボリックリンクを作成することで有効化しています。

 

ということはシンボリックリンクを削除すればモジュールを停止できるということですね。ちなみにApache2ではモジュールの有効・無効を行うコマンドとしてa2enmoda2dismodが用意されています。では早速使ってみます。今回は無効化を行うので、ターミナルにてa2dismodと入力してみます。

 

すると

 

Your choices are: alias auth_basic authn_file authz_default authz_groupfile authz_host authz_user autoindex cgi deflate dir env expires mime negotiation php5 reqtimeout rewrite setenvif status
Which module(s) do you want to disable (wildcards ok)?

 

という具合に今動いているモジュールがズラッと列記され、どれを止めるか?と聞いてきました。ここはもちろん「alias」。

 

これでmod_aliasが止まりました。ちなみに今後、エイリアスを使用することがあれば「a2enmod」で簡単にモジュールを有効化することもできますので安心ですね。

 

これだけでどの程度Apacheの動作に影響があるかは分かりませんが他のモジュールも調べてみて不要なら止めてしまいたいと思います。

 

-Linuxサーバ
-,