Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

SEO

Bingとインデックス登録

 

現在使用されている主要な検索エンジンの90%以上は「Google」と「Yahoo」が占めているというような話をよく見聞きします。

 

実際、当ブログもGoogleとYahooの検索から見に来てくださる方が大半を占めているのですがその中でBingからの来訪が極端に少なすぎる気がしたのでちょっと試してみました。

 

検索エンジン「Bing」で自サイトを探してみる

MSNのページから、Google・Yahooでは割と上位に表示されるキーワードで検索をかけてみると・・・全く出てこないT T

 

Bingのウェブマスターツールにも登録はしているしサイトマップも送っているはず。ということはインデックスされてはいるはず・・・と思いながら下位のページへと進んでいったら随分たったころにようやく出てきてくれました。

 

エンジンが違うので当然アルゴリズムも異なる、ということはBingのことも少しは意識してページ作成を行う必要があるのか・・・と今更思ったのでありました。もっともGoogleやYahooで上位表示されるように!なんて意気込んで記事を書いたこともほとんどないですけどね、えぇ・・・。

 

Bingの特徴?

ということでBingエンジンの特徴を、公式に公開されている文書を基に纏めてみると・・・

  • キーワードの出現頻度を最適に(ってどんな頻度やねん)
  • HTMLの表記は正確に!タグの入力ミスは無くすこと
  • リンク切れのないように
  • ページの容量は軽くする
  • CSSを使用してクローラが検索しやすいサイトを構築
  • キーワードの無駄な繰返しや隠し文字のようなスパムは問題外

というところでしょうか?って、こんなもんGoogleでも同じだろ!?って気がします。

 

要は当たり前のことを当たり前にやれってことか・・・

 

Bingウェブマスターツールで確認

では実際どんな感じで自分のサイト及びページが評価されているのか、Bingのウェブマスターツールで確認してみることにします。すると・・・

 

「重要度:高」という項目に「ページに複数のh1タグがあります」ということ。。。

 

しかも結構沢山のページでやらかしています。

 

意図してそのような書き方をしたつもりはないのですが・・・もしかしてこれがBingで順位が低い原因??だったらGoogleでも響きそうな気がするのですが。

 

とりあえず赤字で「エラーレベル:高」なんて書かれてるので早速修正してみます。

 

これでGoogleと同じくらいの順位になってくれたらいいなぁ。。。

調べてみると、確かにそんなページが沢山ありました。特に意図してやったわけではないので

-SEO
-