Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linuxサーバ

dicedが動かなくなりました。。。

更新日:

つい先日動くようになったはずのdicedがまた動かなくなりました。。。

 

この前はIP取得の段階で躓いていたんですが、今回のエラーログを確認すると

 

「サーバーに接続できませんでした」

 

とのこと。

 

ぐぐってみるとライブラリの設定が云々と書かれているのですが、2/13にIPが変わった時(ログによると、ですが)は無事IP更新されていることを考えると違う気がします。

 

一応と思い以下の手順を試して見ました。

 

locate libssl.so

locate libcrypto.so

 

にてライブラリの場所を探します。

 

見つかったのは

 

/usr/lib/libssl.so.0.9.8

/usr/lib/libcrypto.so.0.9.8

 

ということで

 

ln -s /usr/lib/libssl.so.0.9.8 /usr/lib/libssl.so.0

ln -s /usr/lib/libcrypto.so.0.9.8 /usr/lib/libssl.so.0

 

にてシンボリックリンクを作成。しかしどちらも既に存在しています。

まあ locate ~ の段階で存在していることも確認していたのですが。

 

となると、2/16にドメイン関係に手を入れたというお名前.com自体かdiceのプラグイン内部が怪しい感じもするのですがよくわかりません。。。

 

が、このままだとIPが変わるたびに実家に帰らねばならないのです。。。

 

それも困る。。。

 

で、考えた方法は二通り。

  1. 固定IPを導入
  2. 他のDDNSサービスへ乗り換え

 

1は費用が掛かるので却下。

 

2も現在払っている年会費が無駄になるし、他のDDNSサービスをちょっと見た感じ結構高いじゃないですか!?

 

というわけで考えた結果、無料DDNSの別ドメインを取得して自宅サーバに割り付けます。

 

これで2通りのドメインから同一のサーバを閲覧できる状態になりました。

 

あとはIPが変わってchee-s.netが繋がらなくなったら無料ドメインをチェックしてIPを控えてお名前.comを手動でメンテ、というめんどくさい手法でひとまず我慢することにします。

 

はやく復旧させたい。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Linuxサーバ
-, ,

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.