Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linuxサーバ

Emacsとpackage.el

更新日:

前回auto-installの導入を行いましたが、他にもパッケージのインストールを行う術があるようなので合わせて導入しておくことにします。

 

選択肢が広がるのは決して悪いことではないですから。

 

package.elの導入

どうやらEmacs24ではパッケージシステムが標準で搭載されているようです。といっても以前のバージョンを使ったことがないので比較はできないのですが…

 

パッケージ管理ということはUbuntuでもよく使う「apt-get ~」みたいなコマンドでLispの管理ができるということでしょう。とっても楽チンですね。

 

とは言え、機能が標準装備されていても設定を行わないことには有効化できないようですのでinit.elの編集を行います。

 

 

あとはEmacsを起動した状態でコマンドを叩くだけでパッケージ管理ができるのだということ。

 

パッケージのインストールは

 

「M-x list-packages」

 

と入力してリストから選択するか、

 

M-x package-refresh-contents

M-x package-initialize パッケージ名

 

の順に実行すればOK。

 

これでLispのインストールがグッと楽になったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

オススメの記事

-Linuxサーバ
-,

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.