Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Microsoft Office

Microsoft AccessでAutoKeysマクロの作成

2015/04/01

Microsoft Accessでフォームを作っている時、特定のコマンド(またはプロシージャ)をファンクションキーに登録しておくと実際にフォームを使用する場面で手間を省くことができます。

 

が、デフォルトの状態だと例えば

  • F1キーを押下するとヘルプを呼び出す
  • F5キーを押下すると画面の更新
  • F12キーを押下すると名前を付けて保存

などの役割が既に振られていてじゆうに使うことができません。

 

そこでデータベースの起動時にデフォルトのファンクションキー動作を無効にするマクロを作っておきます。

 

やり方は簡単♪

 

マクロの新規作成を選択し、開いた画面のタイトルバー上でマウスを右クリックすると

  • マクロ名
  • 条件

と書かれた小さなウィンドウが開きます。

 

マクロ名を選択すると今まで「アクション」と「コメント」しか表示されていなかったフィールド名に「マクロ名」が追加されますので、各行に{F1}~{F12}まで順に入力していきます。

アクション、コメントはそれぞれ空白のままです。

こんな感じで作成できたら名前を付けて保存します。その名は

「AutoKeys」

です。(大文字小文字は関係ありませんので好きにつけてもらって大丈夫です。)

 

これだけでデータベースを開くたびにマクロが自動で実行され、ファンクションキーの初期動作が無効となります。

 

メンテナンスを行う時は「Shiftキー」を押しながらデータベースを開くことでマクロが無効の状態でデータベースを開くことができますので、F12での保存やF1でのヘルプ参照も可能となります。

 

場面によって使い分けると良いと思います。

 

-Microsoft Office
-