Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Microsoft Office

Accessのメニュー用フォームビルダでメインメニューを作ってみる その1

2015/04/01

 

ここらでメインメニューを作ろうかと思います。

 

Accessには「メニュー用フォームビルダ」という機能が備わっており、簡単にメニューフォームを作成することができますのでこれを試してみようと思います。併せて中身を確認して、構造を見てみたいと思います。

 

 メニューフォームの作り方

まずは画面の作り方です。上でも書いたとおり、簡単にメニューフォームを作成できるようにフォームビルダが備わっていますので早速使い方から。

 

メニューバーの「ツール」→「データベース ユーティリティ」→「メニュー用フォーム ビルダ」をクリックするだけ。

 

すると以下のように聞かれます。要は「メニューを作成するためのテーブルやフォームがないので作ってもよいか」ということなので、逆らわずに「はい」をおしてAccessに作ってもらいます。

メニューフォーム1

 

 

すると次の画面が表示されます。

メニューフォーム2

 

 

この画面からメニューを組み立てていきます。が、ここで一度閉じて、できたフォームを開いて中身を確認してみましょう。

メニューフォーム3

 

 

「画面に表示できるものがなんにもないよ」的なメッセージが書かれています。ではデザインビューで見てみましょう。

メニューフォーム4

 

ありゃ?フォームビューではボタンが1個だけだったのにデザインビューでは8個のボタンがある??

 

そうなんです、このフォーム、単にボタンを並べたりテキストボックスを並べてあるだけではなく結構複雑な構造を持っているんです。

 

フォームビルダで作ったメニュー画面の構造

表示されるボタンと、そのボタンを押したときの動作は「Switchboard Items」というテーブルで設定されています。そして、フォームを開くときやコマンドボタンを押したときの動作がVBAによってテーブルより読み込まれて画面に表示されるようになっているんです。

 

テーブル「Switchboard Items」を開いてみると

メニューフォーム5

 

 

ご覧の通り

  • SwitchboardID
  • ItemNumber
  • ItemText
  • Command
  • Argument

という5つのフィールドが定義されています。それぞれに役割が決められていて、各値を読み込んで処理していくのですが今回はここまで。次回はフォームビルダで機能を追加して見ることにします。そしてその結果テーブルにどんなデータが挿入されるのか?VBAの処理はどのようになっているのか?を調べてみましょう。

-Microsoft Office
-,