Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Windows

Win端末にCubePDFをインストール

そもそもPDFとは?

PDFとはPortable Document Formatの略でアドビシステムズが開発・提唱するファイルフォーマット。

 

コンピュータの環境に依存せずにドキュメント本来のレイアウトで印刷ができたりセキュリティ設定ができたり圧縮によるファイルサイズの縮小など、挙げればきりが無いぐらい多くのメリットを含んだファイル形式です。

 

文書の保存にも適していて、会社の業務で使用する機会も多いのではないかと思います。

 

そんなPDFファイル、閲覧にはアドビシステムズが無償配布しているAdobe Readerで簡単に見ることができる一方作成するには専用のソフトが必要な状態。

 

せっかく便利なファイル形式なので身近に使用する方法はないものでしょうか?

 

CubePDFを使い倒す?

CubePDFはCubesoftがこれまた無償で配布しているソフトで、プリンタドライバのような感覚でPDFファイルを作成できる優れもの。

 

例えばエクセルで作成した書類を、CubePDFをインストールしたPCで印刷処理(このときにCubePDFを指定するだけ)を行うとレイアウトを維持したままPDFファイルとして保存することができます。

 

画像でも様々なファイル形式からPDF変換することが可能。

 

パスワード設定をかけたり印刷・コピーの禁止設定を行ったりと、フリーソフトとは思えない多機能ぶりを発揮してくれます。

 

Webでの公開に最適化してPDF化することもできるなど、ブログ・HP運営にもメリットがありそうな気配がプンプンしてきます。

 

せっかくなのでこいつを自分の端末にインストールして使ってみることにします。

 

やりかたは簡単。

 

本家のページに用意されたダウンロードボタンをクリックするだけでインストーラを入手。あとは実行するだけです。

 

もちろん64bit版も用意されているのでご安心を。

 

こいつを使って作成したPDFファイルが当ブログに登場する日も遠くないかも!?

オススメの記事

-Windows
-,