Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

自転車

冬用サイクルウェアについて考える

なぜ冬用のサイクルウェアが必要なのか?

 

いやいや、決して冬以外のサイクルウェアをないがしろにしているつもりはないんですが。

 

もともとダイエットがてら始めたということもあってそこまでストイックに走る機会が少ない自分にとっては、数万払って上等なサイクルウェアを揃えよう!という気持ちになれなかったんですね。

 

乗ってるのがミニベロというのもありますし。

 

ですが冬に入って気温が下がって来たとき、ちょっと走っただけでも風が入ってきて寒い。かといって厚着をして乗るとすぐ熱がこもって汗が出る。

 

ということで調べると、そこはやっぱりサイクルウェア。体の前側は防風使用にしながら後ろから熱を逃がすよう考えて作られているんですね。

 

価格はまちまちで、上着だけで2万円!とかざらにあるのですがそこまで資金に余裕はありません。

 

で、色々探してたどり着いたのが「Wellcls 冬用防風サイクルウェア」でした。

 

価格は上下セットで7,000円と財布にやさしく、使われた方のレビューを読むと防風性能は概ね良好とのこと。

 

おしりのパッドは評価が分かれるようですが、今まで使ったことのないものなので試しで買ってみることにしました。それでは届いた商品のインプレにまいりましょう。

 

Wellcls 冬用防風サイクルウェアのレビュー

見た目

じつは自分のなかで結構大きなポイントでした。サイクルウェアって派手なものが多いじゃないですか?

 

色使いにしろ、メーカー名がでっかく印字されてるものが多い点にしろ。

 

基本コンサバな私にとってはシンプルなルックスは高評価です。

 

着用感

初めてのサイクルウェアなので基準となるものがなにもないのですが自分なりに。

 

身長175センチ体重約80キロと肥満体型の私。サイズはXLをチョイスしたのですが正解だったと思います。

 

上着は若干お腹周りがダブつく感じもありますが、ピチピチすぎると動きづらいんじゃないかと思うんです。空気抵抗などを考えるとあまり遊びがないほうがいいんでしょうけどね。

 

袖の長さは・・・どうなんでしょう?同程度の身長の人と比べて若干腕が長めの私ですが、自転車にのって腕を曲げた姿勢になってもずり上がってくることなくちょうどいい長さだと感じました。

 

裾の長さも十分で滑り止めもきちんと付いているので、走っていて背中が出て寒い思いをする・・・なんてことはありませんでした。

 

ズボンはドンピシャ。適度なフィット感があり、長さもいい感じ。足が最大限曲がったときでも足首が出て寒い!というようなこともなく、かといって長すぎるわけでもなく理想的なサイズだと思います。

 

防風性能

これも比較対象がないのであくまで自分基準ですが、レビューでも書かれているとおり全く問題ないと思います。

 

というか、気温10℃くらいだったら余裕です。少しハードに回しただけでうっすらと汗をかくぐらい。汗っかきの自分としては5℃ぐらいでも全然問題なく使えそうです。

 

どちらかというとインナーは保温性より吸湿性に優れたものを使ったほうがいいんじゃないか?と感じました。

 

汗抜け

これは・・・正直イマイチではないでしょうか?

 

裏面の起毛部分が特になんですが、いつまでも汗の水分が残っている感じで走っていると若干気になるかもです。

 

気温13℃ぐらいの日に使った時は汗がまとわり付く感触がなんとも言えない不快感を醸し出してくれました。

 

気温が低いときは上でも書いたとおり防風・保温ともに優れているので問題ないんですけどね・・・

 

この辺り、もっと上の価格帯の商品だとどうなんでしょう?高い防風・保温性と汗抜けの良さって両立しうるものなんでしょうか?

 

耐久性

これは使い始めたばかりなのでなんとも言えません。レビューの中には購入時から糸がピローンと出てた、という方もいらっしゃるようですが幸い自分が購入したものはそのようなこともなく綺麗な状態でした。

 

あとは実際使ってみないと分からない部分ですよね。おまたの部分が擦れて破れた!とか洗濯したら糸がほつれた!なんてことにならないとありがたいです。

 

まとめ

初めて購入したサイクルウェア「Wellcls 冬用防風サイクルウェア」でしたが、使う時期(気温が大きいかな)さえ間違えなければとても使いやすいものだと思います。価格から言えば破格といっても差し支えないコスパを誇るのではないかと。

 

ただ、上でも書いた汗抜けの悪さはあるのであまりハードなトレーニングには適さないのかな?とも思います。

 

気温が低い(5℃とかそれ以下とか)で、ゆっくり走るようなときには十分有り!と言える商品だと思いました。

 

いつか財布に余裕ができたらもう少し上の価格帯のサイクルウェアも試してみたいですね。そのとき初めてこいつの真価が分かるのかもしれません。

オススメの記事

-自転車
-,