Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバ

apt-get updateでコケました

アップデートが上手くいかない・・・

先日、パッケージのアップデートを行おうと思い

 

 

といつもの処理を行おうとしたところ、「linux-image-3.2.0-61-genericの更新でエラー」的なメッセージが出てしまいました。

 

原因を調べるために一度コンソールから抜けてGoogleで調査後、試してみようと再度ログインしたら「システムの再起動が必要です」というメッセージが。

 

ここは素直に従って再起動を行います。

 

起動完了後にログインすると今度は「/var/lib/dpkg/lockが開けない」というようなエラーが出てきて進まなくなりました。

 

どうせアップデート時の排他ロックが掛かったままになってんだろうと思いつつ、いきなり対処するのも怖かったのでGoogle先生にお尋ねしました。

 

基本的には上の考え方で間違っていないようでしたが、この時ロックを掛けているファイルが実はもう一つある様子。

 

ひとまずはシステムに命じられたまま「/var/lib/dpkg/lock」を削除してみます。

 

 

そしてここでアップデートを行おうとすると今度は「/var/cache/apt/archieves/lock」も開けないとかなんとか。

 

ま、Google先生への問合せ時点で判明していたのこやつもサクッと削除します。

 

 

これで処理が流れました。

 

自分で再起動を促しておきながら余計なエラーを発生させるなんて・・・

 

とにかく余計なエラーは収まったので引き続きlinux-image~の問題に取り掛かりたいと思います。

 

でも、これってカーネルが関係したようなエラーじゃないんですかね?

 

下手したらサーバが吹っ飛んでクリーンインストールする羽目になったりとか・・・考えたくもありません。

 

とりあえずバックアップを取っておいて最悪の事態に備えながら作業を進めたいと思います。

 

続く

-Linuxサーバ
-, ,