Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linuxサーバ

Linuxカーネルのソースコードを入手する

投稿日:

「ハッカーになろう」を読んで

Linuxについてもう少し詳しく知りたいなぁ・・・と思いながら色々なページを読み漁っていたときに発見したページ。

 

ハッカーになろうはこちらから。

 

一般的なイメージで「ハッカー」というと人様のマシンに忍び込んで悪さをする人のことを指すことが圧倒的に多いかと思います。ニュースとかでもそうですよね。

 

そういう類(いわゆるクラッカーとか)ではなくて「人々のためになるモノをつくる」側としてのハッカーという言葉に魅力を感じてしまいました。

 

自分が今からその領域に辿りつくことはないんだろう・・・と思いつつ、その中で見かけた「Linuxと語り合い、いじり倒す」という文言があったのでできる範囲で実践してみることにしたのが今回のきっかけです。

 

われながらなんて影響されやすい性格なんでしょうw

 

Linuxのカーネルを入手する

Linuxは主にC言語で作られていると聞きます。自分、Cは全く(というか他のプログラミングもさっぱりですが)分からないのでどこまでできるかわからないのですが、まずはソースを読むことで少しでもC言語について理解することができればよいなぁ・・・と思い進めてみることにします。

 

まずは公式サイトへ飛んで、最新のカーネルをダウンロードします。2014/9/28現在での最新版(安定版)は「3.16.3」のようなのでコイツをダウンロードするのですが今回の目的はサーバへの導入ではなく中身の検証なので、このためのディレクトリを先に作ってから行います。

 

ダウンロードしたら早速展開してしまいます。(展開後は必要なくなった圧縮ファイルを削除してしまいます)

 

これら一連の流れをコマンドから行うとこんなかんじです。

 

 

今回のまとめ

ハッカーになれるわけでもないのですが(笑)、ふとしたことから影響されてカーネルのソースコードを読んでみることにしました。

 

というわけでwgetとtarコマンドを使用して、現時点で最新のカーネルをダウンロード・展開することができましたのでこの中身を少しずつ見ていくことにします。

 

上のほうでも書きましたが、これでC言語についても学ぶことができれば一石二鳥・・・なんて淡い期待をしているところであります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Linuxサーバ
-

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.