Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Windows

Minicopy.exeのエラー対処用にバッチファイルを作成してみた

minicopy.exeとは

会社のPCにもともと入っていてその存在を知ったんですが、要はディスプレイに映し出されている映像をそのまま紙に印刷できる便利なツールです。

 

システムで表示されるフォームの画面をそのまま印刷して使用したり、トラブル発生時にエラーメッセージを保存するのに使ったりと会社では大活躍です。

 

ただ、問題がありまして。。。

 

自動起動させたはずのプログラムが・・・

スタートアップにショートカットを登録して使用しているのでPC起動時に勝手に動かして常駐させているんですが、その際「デフォルトプリンタがありません。」というエラーが発生することがあるんですね。

 

うちの会社、基本的にPCに詳しい人が少ないんです。いや、エクセルやワード、メールなど基本的なツールは使用するんですがPCそのものってことになるとそんなに・・・ね。

 

かくいう自分も決して詳しくないのですが。

 

ほんとはこの問題を解決したらしい、新しいバージョンのモノが配布されているんですが何しろ会社の資産であり、勝手にソフトを変更したりできない事情がありまして。。。

 

そこでなんとかエラーが発生したとき、簡単に対処できる術を検討することにしました。

 

「デフォルトプリンタがない」場合の対処

で、このエラーが発生したときの対処として

 

  1. タスクマネージャを起動して「minicopy.exe」を強制終了
  2. スタートアップに置いてるショートカットをダブルクリックして再度起動

 

という手段をとってます。

 

このエラーが出たときってタスクトレイにはアイコンが表示されていないので、そのままショートカットをダブルクリックしたら良さそうに思いません?

 

でも実はプロセスとしては既に動いていて、二重起動ができないようになっているので1の手順を踏まないと再起動ができないというわけです。

 

自分にとってもめんどくさいですが、PCに詳しくない人にとってはとてもわかりづらいようで何回説明してもみんな覚えてくれません。よって全部自分に飛んでくるんですわ、対応が。

 

休みの日とかだとそのまま放置しておいて、いざPCの電源を落とすときに「エラーが出てシャットダウンできない!」なんて電話がかかってきたりもします。

 

あまりに鬱陶しくなってきたので、バッチファイルを作成してプロセスの終了→再起動までを勝手に行ってくれるようにしてみました。

 

 

まだデフォルトプリンタの問題が発生した場面で試していないのでなんとも言えませんが、プロセスの強制終了とプログラムの起動はできているようなのでこれで様子を見たいと思います。

 

まとめ

以前ならこんなこと考えつくことも無かったと思います。自宅サーバを構うようになってスクリプトをパクってみたり各種設定を施したりして少しは見方や考え方が変わったということでしょうか?

 

ともあれ、minicopy.exeでエラーが出て困る!という方が他にもいらっしゃいましたら是非ともお試しいただきたいと思います。

-Windows
-,