Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linuxサーバ

Ubuntu15.04にProftpdをインストールして設定する

投稿日:

Ubuntu15.04とProftpd

なんだか久しぶりの投稿になりました。しかもサーバネタっぽいのなんていつ以来か思い出せないくらいです。

 

といっても、実家のサーバをイジったわけではないので書こうか迷ったんですが、普段使いのUbuntu15.04とスマホで画像やファイルのやりとりをするのにいちいちケーブルを持ってくるのが面倒になったのでFTP経由でできるようにしました。

 

使ったソフトはサーバでもお世話になっているProftpdにしたので復讐がてら設定を書き残して置きます。

 

Proftpdのインストール

インストールはいつもと同じくaptのお世話になります。

 

 

インストール時にinet経由で起動するのかスタンドアロンで動作させるのかを尋ねられます。

 

スタンドアロンを選ぶとproftpdはデーモンとして常駐するのでレスポンスに優れますが、常時メモリ等のシステムリソースを食い続けることになります。

 

inet経由にすると要求があったときだけinetdが中継動作を行ってproftpdが呼び出されるため、何もないときはメモリの節約になるかわりに動作時のレスポンスで劣ります。

 

今回は(というかサーバでもそうしていますが)スタンドアロンを選びました。

 

設定ファイル「/etc/proftpd/proftpd.conf」を設定

インストール後の設定ですが、主に以下のように設定しました。

 

 

以前サーバで設定した時は「ServerName(接続時に表示される名称)」も編集しましたが、今回は自宅のLAN内からしか接続することがないため割愛してます。

 

ソフトウェアの名称やバージョンが表示されるのはセキュリティ的に好ましくないため、必要に応じて修正するべきかと思います。

 

スマホから接続テスト

スマホにインストールしてあるFTPクライアントから接続テストを行います。

 

IPアドレスとユーザ名、パスワードを入力してファイルのアップロードとダウンロードを行ってみて問題なく動作することが確認できればOK。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

オススメの記事

-Linuxサーバ
-,

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.