Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linux端末

Ubuntu15.10にRedmineをインストールする

投稿日:

Ubuntu15.10とRedmine

Redmineと言えばRuby on Railsで構築されているというプロジェクトマネジメント向けツール。

 

Webサーバとデータベースを導入することを前提に、Ruby on Railsが動く環境があれば導入できて外部からの接続も可能というすぐれもの。無料で高機能というのも惹かれます。

 

PMの勉強に使える上にサーバに入れて公開できれば何かの役に立つのでは?と思いチャレンジしてみることにしました。

 

が、自分のサーバ(Ubuntu14.04)上でぶっつけにて試したら思ったとおりに動かなかったためまずはローカルのUbuntu15.10にインストールしてみて上手くいったらサーバへ再導入したい考えです。

 

では早速インストール作業へ入ります。

 

Redmineのインストール

Webサーバとデータベースの導入

Redmineを動かすにはWebサーバとデータベースが必要という話。

 

導入済みの方は読み飛ばして頂いて結構です。

自分の場合Apache2は導入済みでしたがlibapache2-mod-passengerは未導入だったためこちらのみインストール。

 

ちなみにPassengerはApache2上でRailsを動かすためのモジュールという話。

 

続いてMySQLをインストールします。

MySQLで使用するrootユーザ(OSのrootではないので念のため)に対するパスワードを設定しておきます。

 

Redmineのインストール

いよいよRedmineのインストールです。

dconfig-commonを使用しますか?みたいなことを聞かれます。データベースをイチから設定してRedmine用に構築できる方はNo!と突っぱねてもよいのでしょうが自分には不可能なので素直に従ってYesを選択します。

 

続いて使用するデータベースについてMySQL、PostgreSQL、SQLiteのどれを使用する?と聞かれますのでここはMySQLを選択しましょう。

 

最後にRedmineがMySQLデータベースを使用するためのユーザに対するパスワードを設定すればOK。

 

sites-available以下の設定

Redmineは「/usr/share/redmine/public」に実体が置かれているということ。このディレクトリをApache上で公開することにより外部から接続できるようにしていきます。

 

Passengerの設定

上記のとおりPassengerはRailsをApache2上で動かすためのモジュール。以下のとおり修正。

 

Bundlerのインストール

BundlerはRails関連のパッケージを管理するツール。これを入れておくと後の管理が楽そうなので導入しておきます。

 

サイトの有効化とApacheの再起動、接続テスト

 

上記コマンドでサイトを有効化してApache2を再起動します。

 

ブラウザにて「localhost/redmine」とアドレスバーに入力してRedmineにつながればOK。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Linux端末
-,

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.