Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Microsoft Office

Excelを使用して抽選を行う~RAND関数~

2015/04/11

「会社の新年会の余興?というかちょっとした賞品を抽選にかけるのになにかよい方法はないか?」という依頼がありました。

 

状況を整理すると

  • 参加人数は500人程度
  • 所属、氏名を一覧表記したエクセルがある
  • この中から20名程度に賞品が当たるよう抽選を行いたい
  • もちろん賞品も安いものから高いものまでピンキリ

というハナシ。

 

VBAの勉強がてら何か作ってみるか~と思ったんですがちょこっと調べたらもっと簡単な方法があったのでそちらを。

 

参考にさせていただいたのは

http://www.relief.jp/itnote/archives/002279.php

と他多数。

 

=RAND()

 

と入力して使用するRAND関数は0以上で1未満の乱数を生成してくれるというものだそうです。

 

これで各人に乱数を割り振ったあと降順にでも並べ替えた後、上から順番に賞品を割り振れば完成!とっても簡単ですねw

 

ここで注意するのは、RAND関数は再計算が作動するたびに値が変わるようなので、一度結果をコピーした後に「形式を選択して貼付」の「値」を選択して貼り付けなおすことで生成した乱数を固定することができます。

 

ひとまずはこれでやってもらうとして、機会があればVBAを使ったツールでも作ってみるかな~

-Microsoft Office
-