Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

プログラミング

PHPでくじを作ってみた

更新日:

[rakuten]booxstore:10840690[/rakuten]

如何せん、プログラムにあまり慣れていないため何か形のあるものを作りながら勉強していこうと思い立ったのでくじを作ってみました。

 

ソースはこんな感じでサーバの適当なディレクトリに放り込みます。

 

kuji.php↓

<?php
//おみくじデータの用意
$aryTitle=array(“大吉”,”中吉”,”小吉”,”吉”,”凶”,”大凶”);
$aryKuji=array(
“大吉”=>”ラッキー!”,
“中吉”=>”よかったよかった”,
“小吉”=>”小さな幸せを”,
“吉”=>”無難に”,
“凶”=>”むむむ”,
“大凶”=>”だめだこりゃ”);
shuffle($aryTitle);
?>
<html>
<head>
<title>今日の運勢は?</title>
</head>
<body>
<h1 style=”background:#cccccc”>今日の運勢は?</h1>
<dl>
<dt style=”font-size:14pt;font-weight:bold”>
<?php print($aryTitle[0]);?></dt>
<dd><?php print($aryKuji[$aryTitle[0]]);?></dt>
</dl>
</body>
</html>

 

これを動かすとこんな感じになります。

 

ポイントらしいのは

1.array関数

配列を作成して値を格納しています。

 

2.連想配列

キーと呼ばれる手法を使って、配列$aryTitleの値に対応した値を別の配列$aryKujiから呼び出しています。

例えば$aryTitleの値が大吉ならそれにあわせて$aryKujiのラッキー!っていう文字列を引っ張り出します。

 

3.関数

ここではshuffle関数を使用して、配列$aryTitleからランダムに文字列を選び出しています。

 

といった感じでしょうか。

 

配列に文字列を格納して、それをshuffle関数でランダムに呼び出して、連想配列を使用してコメントをつけるといった処理をやってます。

 

アクセスする度にくじの結果が変わりますので試してみてください。

 

PHP超入門 ~誰でもできるプログラム~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-プログラミング
-

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.