Linuxサーバより愛を込めて。

Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Wordpress

WordPressでメンテナンス中から抜け出せない

Wordpessを使用していると

  • WordPress本体のアップデート
  • 使用しているテーマのアップデート
  • プラグインのアップデート

などが発生しますよね。

 

機能的にもセキュリティ的にも、新しいバージョンが公開された場合は原則として即更新すべきだと思うのですが、ここで発生したトラブルについて忘れないうちにめもっておきます。

 

「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」だって・・・

自分の場合、プラグインの更新が3件発生しているという通知がでたのがきっかけでした。

 

更新自体はちょこちょこ発生するので、あまり深く考えずにチェックを入れて更新をかけました。

 

いつもどおり、ホスト名・ユーザ名・パスワードをチョイチョイっと入力して実行したんです。すると・・・

 

普段なら「○件更新しました」みたいなメッセージが出て終了するところなのに、上記のメッセージが出てくるじゃないですか!?しかもでかでかと太字で。

 

なんだろう?と思いながらF5を押してみると今度はダッシュボードも表示されずに「現在メンテナンス中のため~」だけがこれまたでっかく書かれてます。

 

ぐぐってみると要するに「メンテナンス中に何らかの原因で更新作業が中断した場合に発生」するみたいです。というか、更新作業中はメンテナンスモードになり、「現在メンテナンス中~」という表示を行うが作業が完了するとメンテナンスモードから通常モードへ戻るというのが本来の流れなのに、途中でストップするとメンテナンスモードから抜け出せなくなりエラーメッセージが表示され続けるということみたい。

 

結果としてサイトを見ることもダッシュボードへ入ることもできなくなってしまうということ。

 

それではメンテナンスモードはどうやって抜け出したらいいんでしょうか?

 

ポイントは「.maintenance」ファイル

調べてみるとメンテナンスモード中は、Wordpressのインストールディレクトリに「.maintenance」というファイルが作成される様子。このファイルがある限りWordpressはメンテナンスモードとして動くようなんです。

 

で、解決法はこのファイルを削除するだけ。念のためファイルの所在を確認してみましょうか。コマンドラインから

 

dir -a /Wordpressのインストールディレクトリ/

 

と叩いてみましょう。すると「.maintenance」が存在するはず。ちなみにdirコマンドの後に「-a」を付けないとこのファイルは表示されないんです。ファイル名の頭に「.(ピリオド)」が付いているファイルは隠しファイルなので、通常のdirコマンドでは姿を見せてくれません。

 

ということで所在が確認できたらこんなファイルはとっとと消してしまいましょう。

 

rm -rf /Wordpressのインストールディレクトリ/.maintenance

 

と入力するとあっさり消すことができます。その後もう一度サイトにアクセスしてみると・・・無事接続できました。

 

ダッシュボードを確認してみるとさっきまで3件あったプラグインの更新通知が1件に減っています。ということは2つ目までは更新が完了して3つ目に入るところでコケたんでしょう。なんにも悪いことはしてないはずなんだけどなー。サーバの機嫌でもわるかったかな??

-Wordpress
-