Linux(Ubuntu)サーバとダーツを愛する中年サラリーマンの日記。

Linuxサーバより愛を込めて。

Linuxサーバ

Conoha VPSで作成したUbuntu18.04サーバの初期設定

Ubuntu18.04と初期設定

Conoha VPSで作成したUbuntu18.04サーバの初期設定について。VPSのためインストールの手間・手順等は全くいきなり初期設定から始まります。

 

まずはOSのアップデート

# apt-get update
# apt-get upgrade

 

アップデートは終了。

 

ユーザの作成

続いてユーザの作成。の前に下準備をば。

# mkdir /etc/skel/public_html
# mkdir /etc/skel/Maildir

 

これで以下のユーザ作成を行った際にユーザのホームディレクトリ内に「public_html」と「Maildir」という2つのディレクトリが自動生成されます。併せてメール・FTPのみ利用できるユーザのためのシェルを準備します。

↓/bin/falseという空っぽのシェルをコピーして/bin/ftpというシェルを作成
# cp /bin/false /bin/ftp

↓作成した/bin/ftpを/etc/shellsに追記
# vi /etc/shells
~
~
~
/usr/bin/screen
/bin/ftp
※追記したらEscを押した後「:wq」で保存

 

準備完了。まずは一般ユーザ(SSH接続可)を追加します。

# adduser hoge1(ユーザ名は任意で)
ログインパスワードを2度入力(お間違えのないよう)
あとはEnter連打→Yで完了。

 

続いてメール・FTPのみ(SSH接続不可)のユーザを作成します。

# adduser --shell /bin/ftp hoge2(やはりユーザ名は任意で)
あとは一般ユーザと同様パスワード2回→Enter連打→yで完了。

 

ネットワーク設定

ここは以前から使用してきたUbuntu14.04から変更になっているよう。以前は/etc/network/interfacesを編集して設定変更した覚えがあるんですが、今回からは以下のファイルで。

# vi /etc/netplan/10-gmoveps.yaml

VPSで運用しようとしている私の場合デフォルトのまま進めようと思います。いつか実機で試すことがあったら改めて詳細なネットワーク設定についてまとめるかも知れませんが、いつになるかは不明です。

 

ひとまず今回はここまで。

オススメの記事

-Linuxサーバ
-, ,

Copyright© Linuxサーバより愛を込めて。 , 2021 All Rights Reserved.